正義の味方任意売却支援センター 【全任協加盟】

〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷6丁目26番4号
JR総武線 「幕張本郷」駅 徒歩3分、京成千葉線「幕張本郷」駅 徒歩3分

営業時間
10:00~20:00
 定休日  
水曜日

無料相談実施中 お気軽にお電話ください  

0120-553-068

サービスのご案内

ご提供サービス

生活設計を立て直し、ご家族の生活を取り戻すこと、再スタート

任意売却というのは、ただ家を売る作業ではありません。そして、私どもは、その作業をただ行なう仲介者でもありません。

一番大切なことは、生活設計を立て直し、その後のご家族の生活を取り戻すこと、ご家族を守ることだと、私どもは思っています。

任意売却でご自宅を売却するということは、ご家族の生活を取り戻すための第一歩に過ぎません。

ご家族の生活を取り戻すために、借りた先にお話をして、返せるものを返して、生活設計を立て直し、生活を取り戻すことをわたくしどもも一緒になってお手伝いして行きます。

今、とても不安で押し潰されそうな気持ちの方もいらっしゃると思います。

誰に相談したらいいか、人に知られたくないと思っている方もいらっしゃると思います。
私どもは、皆様が何を一番大切にしているのか、どうしたいのか、 そこに焦点を当てていきます。

皆さんの心の奥底で求めている希望を掘り起こし、その目標に向けて一緒に進んで行きます。

 

<当センターのサービスを利用するメリット>

どこに相談したらいいのか解らず、ただただ不安な気持ちが更に不安を膨らませてしまいます。

まずは、誰かに不安な気持ち、不安な状況を聞いてもらうことが大切です。思いを外に吐き出すことは自分を解放し、不安を和らげることが出来ます。

身内や友人には恥ずかしくて言いたくないのは、あなただけではありません。ほとんどの方が恥ずかしいと思っています。

不安を和らげると同時に、解決に向けて一歩一歩前に進んで行けるとしたら、今は恥ずかしいという気持ちは一旦横に置いてください。

わたくしども正義の味方任意売却支援センターは、全国住宅ローン救済・任意売却支援協会の加盟会社です。当協会は、全国の加盟会社が様々な事例を共有し、アイディアを提供し合いながら、豊富な経験と実績、高い解決力を持って皆様のお悩みを解決しています。

解決方法は人それぞれ、ご家族の状況ごとに様々なやり方があります。当センターは、皆さんのお話をしっかりお聞きして、皆様のご希望に適した方法をひとつひとつ着実にクリアして行きます。

 

<お客さまの声>

重い荷物を下ろすことが出来てホットした。これからの生活の基盤を立て直すのに時間は掛かるだろうと思いますが、頑張れると思います。貴社には、いろいろな面で親身になって対応をしていただけたお蔭で、とても助かりました。

〇〇さんにご紹介いただき、貴社と出会えて本当に良かったです。私から何か御礼をすることは出来ませんが、ご容赦ください。ありがとうございました。

リースバック

リースバックとは、ご自宅を投資家など第三者の協力を得て購入してもらい、元の所有者がそのままその不動産(ご自宅)を賃貸して使用し続ける、という不動産取引です。近年、リースバックと任意売却を組み合わせるという取引方法が注目されています。

リースバックを希望される方の中には、将来ご自宅を買戻したいと思っている方が多くいらっしゃいます。
その場合、任意売却時の購入者(投資家)との売買契約において、数年後にご自宅を買い戻す特約を付けた契約に協力していただける購入者(投資家)をご紹介することもあります。

ただ、どなたでも、どんなご自宅でもリースバックが出来るというものではありません。投資家は収支が合わない物件は購入しません。売却後に賃貸として借りられる皆さんの支払い可能な賃料と購入価格とのバランス(投資利回り)がポイントです。千葉所在の物件の場合と東京所在の物件とで投資家の投資利回り基準も変わってきます。

仮に、収支が合わない物件を購入しても、近い将来、もっと高い賃料で借りてくれる人がいるので出て行ってくれと言われては困ってしまいます。

リースバックは住宅ローンの問題の他、債権者への説得、購入者(投資家)との売買契約、賃貸借契約など多岐にわたる調整を要します。

リースバックを実現させるためには、任意売却と不動産取引の豊富な経験と確かなノウハウが必要不可欠なのです。

リースバック、リースバック&買戻しが成功するかどうかは、次の2点が大変重要になります。

(1)ご相談者さまと購入者(投資家)が、長年にわたりお互い信頼し合える関係かどうか。
(2)ご自宅の任意売却時の売買契約内容、賃貸借契約内容。

私どもは、ご相談者さまの事情や状況に合わせ、任意売却やリースバックの経験がある、信頼できる購入者(投資家)のご紹介もしております。

 

<当センターサービスを利用するメリット>

  • 思い出の詰まった自宅に住み続けることができます。
  • 引越をしないで済みます。(引越し費用も必要ありません)
  • インターネット等を利用した販売活動がされないため、近所や知人に任意売却のことも経済的事情についても知られることはありません。
  • そして、任意売却時の購入者との売買契約において、数年後にご自宅を買い戻す特約を付けて契約している場合、その目標に向けて頑張ることが出来ます。

 

<お客さまの声>

息子への売却しか家を守る方法は無いと思っていましたが、投資家のSさんのお蔭で自宅を手放さずに済みそうです。3年後に買い戻す契約をさせていただいておりますので、その目標に向けて頑張ります。本当にありがとうございました。

親子間売買

親子間売買とは、例えば、ご自宅を息子さんや娘さんなど子供に売却することです。

「親子間売買」という形で任意売却をすれば、ご自宅を売却した後もご自宅に住み続けることができます。
子供が所有者となり、親がご自宅を賃貸するというものです。

親子間売買のほとんどのケースでは、購入する子供が新たに住宅ローンを組む必要があります。

しかし、ほとんどの金融機関は、親子間での売買や兄弟姉妹間の売買に対して融資をしません。これは、自宅購入の名目で金利の安い住宅ローンでお金を借り、他の弁済に使われる可能性があり、また、不当に安く(高く)売買されてしまう可能性もあるためです。

また、そもそも住宅ローンは原則として自己の居住のための住宅取得に限られているため、親族のための住宅購入となると、その趣旨が異なることから融資対象外となります。そのため、親子間売買は思ったほど簡単に実現できる方法ではありません。

最近、インターネット等で調べ親子間売買を知って、銀行や信用金庫に申し込まれる方がいらっしゃいますが、ほぼ100%の確率で断られてしまいます。難易度の高い売買の方法ですので、一般の方がネット知識ぐらいで成就するほど、簡単で安易な取引ではありません。

それどころか、一度でも申込を断られますと、断られた履歴が個人情報として半年間残ってしまうので、任意売却を取り扱っている金融機関に申込んでも、その履歴によって否決されてしまいます事が多々あります。

もし、親子間売買をお考えの方は、自分で銀行に相談したり、融資の申込をする事は、絶対に止めて、当センターのような専門家に依頼してください。

当センターへご相談をいただいた際は、専門スタッフがその可能性を探り、新たに住宅ローンを組む金融機関と入念に打合せした上で進めていきます。

親子間売買に慣れていない不動産会社などや、ご自身で金融機関と相談されることは、成功の確率を下げることになりますので十分ご注意ください。

当協会は親子間売買ローンに関し、新生インベストメント&ファイナンスと提携しています。
当協会を窓口とした新生I&Fの親子間売買ローンでは、通常のローン利用に対して年利マイナス0.2%、事務手数料マイナス0.4%の優遇が適用になります。

 

<当センターサービスを利用するメリット>

  • 思い出の詰まった自宅に住み続けることができます。
  • 引越をしないで済みます。(引越し費用も必要ありません)
  • 毎月の返済負担が少なくなるケースが多い
  • 親子間、親族間での取引のため、近所や知人に任意売却のことも経済的事情についても知られることはありません。

 

<お客さまの声>

自宅が人の物になってしまうことを考えると、どうしても今の家に住み続けたくなりました。家族に迷惑が掛かってしまうことを承知で親族間という選択をさせてもらいました。快諾し、ローンを借りてくれた家族に感謝です。また、自分たちの希望通りに進めて下さり、自宅を離れなくて済むことができました。貴社の方々の尽力に大変感謝いたしております。

離婚をお考えの方

住宅ローンが残っているご夫婦の離婚には注意が必要です。住宅ローンが残っている状況で離婚する場合、①ご自宅を売却してローンを一括返済する方法と、②今の家にそのまま住み続けながらローンを返済していく方法の大きく2つの方法があります。

まず、①ご自宅を売却する場合には、ローン残債額を一括で金融機関に返さなければなりません。ローン残債額より売却価格の方が大きければ何の問題もないのですが、売却価格が下回ると、手持ち資金で補填する必要があります。補填する金額が大きくて手持ち資金が無ければ、ご自宅に抵当権を設定している金融機関は売却を許してくれません。

②今の家にそのまま住み続けながらローンを返済していく場合には、例えば、奥様とお子さんが引き続き居住し、ご主人が住宅ローンを返済し続けて行くことになります。よくあるケースが、ご主人のローン返済が滞り、ご自宅が差押えされ、競売により、奥様とお子さんが強制的にご自宅から退去しなければならなくなるケースです。

上記以外にも、ご夫婦の収入合算でローン借入をしているケース、奥様が連帯保証人になっているケースなどで後々問題が起こっています。

ご夫婦の収入合算でローン借入をしているケースでは、離婚後も元夫婦が共同で返済を続けなければなりませんが、例えば、元夫が再婚して、新しい家族が出来ると、そちらに収入の大半を費やすためローン支払いが疎かになってしまいます。

また、奥様が連帯保証人になっているケースで、ご主人が自己破産をしたことでローンの返済義務がすべて奥様になってしまうことがあります。

住宅ローンの返済に関するご相談の中で、離婚を考えられている方や数年前に離婚をした方からの相談が増えています。

 

<当センターサービスを利用するメリット>

  • 離婚の際の問題点や多くの事例に基づいたアドバイスができます
  • 第三者を入れることで、話し合いが感情的にならずに進みます

 

<お客さまの声>

夫婦関係が悪くなり、自宅が窮屈で嫌な空間になってしまいました。離婚後に返済が滞り、元夫と会って話をするのが憂鬱でした。貴社に間に入っていただいたお陰で、感情的になった場面でも上手く場を和ませていただいたのでスムーズに話が出来たかなと思います。あの時は、どうなってしまうのか、すべてが嫌で嫌でしょうがなかったのですが、今は、穏やかな毎日を過ごしております。貴社に間に入っていただいたお陰で、今こうして居られます。本当にありがとうございました。

収益物件の任意売却

最近、当協会には収益不動産のローン返済に関するご相談が増えています。将来の不安から個人年金や資産形成のためにアパートやワンルームマンションを購入された方が、空室や建物の老朽化により、当初想定していた賃料収入が減ってしまいアパートローンの返済が出来なくなるケースが増えているためです。

多くの方が、不動産投資会社の勧めで土地を購入しその上にアパートを建設したり、新築分譲マンションを購入して、賃借人からの家賃収入を原資にアパートローンの返済を計画しているところ、空室で賃料収入が減ったために返済が厳しくなってしまいます。中には、一軒目の投資が上手くいかないため、更にもう一軒購入し挽回しようとしたのが更に追い打ちを掛ける悪循環になっている方もいらっしゃいます。

特に新築物件の場合、新築時の賃料は若干高めであっても借り手は居るのですが、数年後には周辺の物件に埋もれ、賃料の値下げ競争に巻き込まれてしまいます。また、新築時の物件価格と数年後の物件価格の格差もとても大きいので、いざ売却しようとすると、ローン残債が売却価格を大きく上回るケースが非常に多いのが現実です。

ましてや、収益不動産の売買は収益還元法による投資利回りが売買価格の算出に影響しますので、賃料の減少が売買価格の下落に繋がる結果になってしまいます。

そうした状況で、アパートローンの残債を一括で返済することを金融機関は要請してきますので、金融機関の了承を取り付け、任意売却に基づくアパートの売却を進めていくことが必要になります。

収益不動産の場合、賃借人がいるため、通常の住宅ローンに比べ、権利関係が複雑になってきます。一棟の物件でも区分所有物件でも、どちらでもご相談は可能です。
また、ご所有の収益不動産が千葉県内に限らず、全国にお持ちでも構いません。

当協会は、収益不動産のローンのご相談も数多くいただき、解決しておりますので、お気軽にお問合せください。

 

<当センターサービスを利用するメリット>

  • 任意売却を理解されている投資家のお客様にスムーズに購入していただけます
  • 賃貸管理も行っているため、アパートなどの賃貸物件にも精通しています
  • 当協会は全国に加盟店があるため、全国どこにある投資物件でも対応できます

 

<お客さまの声>

独身の時に購入したワンルームマンションでした。結婚して専業主婦になりましたが、不労所得になると思ったのでワンルームマンションは賃貸に回し、自宅として広めのマンションを主人が購入しました。自宅のローンや生活費があるため、ワンルームマンションのローンと固定資産税、管理費や修繕積立金の支払いが徐々に厳しくなっていき、貴社にご相談しました。貴社ですぐに交渉していただき、マンションの売却もすぐにできたため、肩の荷が下りました。主人にも迷惑を掛けましたが、これから挽回します。本当にありがとうございました。

以下のページもご覧ください

当センターの特徴

当センターの特徴についてご紹介しております。

会社概要

当センターの概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-553-068
営業時間
10:00~20:00
定休日
水曜日