正義の味方任意売却支援センター 【全任協加盟】

〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷6丁目26番4号
JR総武線 「幕張本郷」駅 徒歩3分、京成千葉線「幕張本郷」駅 徒歩3分

営業時間
10:00~20:00
 定休日  
水曜日

無料相談実施中 お気軽にお電話ください  

0120-553-068

任意売却とは?

そもそも任意売却とはどういうものなのか?

なぜ、任意売却にするのがいいのか? をご説明しています。

 ①    通常、住宅ローンを借りて自宅を購入した人がその自宅を売却する場合、金融
  機関(銀行など)から住宅ローンの抵当権を外して貰い、購入者に売却します。

  金融機関(銀行など)が抵当権を外してくれるのは、ローン残債額を一括で全額
  返済するからです。

  例えて説明すると次の通りです。

    ローン残額 2,000万円

            ⇧    2,000万円を銀行に一括返済、抵当権抹消

   自宅売却額 2,500万円

 

  上記のように、自宅売却額がローン残額より多ければ、銀行は全額資金回収でき
  ますので、抵当権を抹消してくれます。

 

②     しかし、次の場合、銀行は全額資金回収できませんので抵当権を抹消してくれ
  ませんし、抵当権が抹消されなければ、ご自宅を売却することができません。

 

   ローン残額 2,500万円

            ⇧    500万円不足、抵当権抹消をしてくれない

   自宅売却額 2,000万円

 

 

住宅ローンの返済を滞納していると、金融機関(銀行など)から返済の催促状が郵送されてきます。3~6か月滞納が続くと、「期限の利益の喪失」の通知書が金融機関から届き、ローン残額全額を一括で返済するよう通知されます。

そして、金融機関(銀行など)はご自宅に差押えの登記をし、競売の申し立てを裁判所に申請します。

それから約半年後、競売の競争入札が実行されてしまいます。

 

競売を回避するためには、ご自宅を売却するなどしてその資金で銀行に返済することになりますが、上記①のように自宅売却額がローン残額より多ければそれですべて解決します。

 

一方、上記②のように自宅売却額がローン残額より少なければ、銀行は全額資金回収できませんので抵当権を抹消してくれませんし、抵当権が抹消されなければ、ご自宅を売却することができず、何の解決もできません。

 

このような状況になった時、一旦自宅を売却し、売却後の残ったローンをその後の生活に支障のない範囲で引き続き返済していく約束をして、自宅を売却する承諾を金融機関(銀行など)から得て、自宅を一般の不動産市場で売却することを任意売却といいます。

任意売却という言葉は、競売(強制売却)に対比する言葉として使われています。

 

任意売却をすることにより、今までの毎月の返済額から解放され、任意売却後はその後の生活に負担が掛からない範囲での毎月返済額(月1万円~3万円)に見直されます。

 

*競売でなく、任意売却をされる方が多くいらっしゃる理由は、
競売で強制的に自宅が売却される場合、売却価格は任意売却より約2割~約3割安くなる傾向があるためです。
競売が完了しても、残った残債額は引き続き債権者に返済し続けなければなりません。
任意売却の場合は、任意売却後はその後の生活に負担が掛からない範囲での毎月返済額(月1万円~3万円)に見直されますが、競売の場合は、競売後の毎月返済額については見直しがされませんので、いつまで経っても返済が楽にならないからです。

 

任意売却には、債権者への粘り強い交渉力と不動産取引の豊富な経験と実績を持つ不動産会社に依頼されることが大切です。

任意売却の成功は、お客様の今後の人生に大きく影響するものと思います。

 

以下のページもご覧ください

サービスのご案内

当センターのサービスについてご紹介しております。

会社概要

当センターの概要とアクセスマップを掲載しております。

お問合せ・ご相談はこちら

お電話でのお問合せはこちら

0120-553-068
営業時間
10:00~20:00
定休日
水曜日